• ホーム
  • 中国語ドメインに気をつけろ!購入は避けるべき!

中国語ドメインに気をつけろ!購入は避けるべき!

中国語ドメインである.cnは、質の低いものがたくさん出回っている可能性が高く、敬遠されがちな傾向にあります。
なぜなら、中国語を読めない人が購入すると、過去の運営履歴がどのようなものだったか見極めることができないからです。
よって、隠しリンクや過剰なリンクファーム、コメントスパムなどのリスクが高いものは回避できるようにしなくてはなりません。
例えば、文字と背景の色を同じにする隠しリンクは関係ない言葉を隠して表記することで、検索結果で上位にくることができます。
これは、ペナルティを受ける可能性があるのでそのまま購入してしまうと危険です。

過剰なリンクファームでは、相互リンクが多すぎる悪質なサイトと見なされる可能性があります。
コメントスパムとは、コメント欄に関係ない言葉を記載することで検索に引っ掛かるようにしたもので悪質です。

これらのリスクが高いものは、アルゴリズムの更新により質の低いものとしてペナルティを受けるようになりました。
手動ペナルティの場合は、ドメイン上のコンテンツを削除し申請を出せば解除されることがあります。
しかし、アルゴリズムでのペナルティの場合は、スパムリンクの方まで対策することができず、中古ドメインとして出回ることになるのです。
よって、中国語ドメインである.cnを購入する際に、質を見極めることが出来ない場合は、ペナルティ回避のためにも敬遠しておくのが適しています。

中国語ドメインの取得のメリットとは?

中国語ドメインを取得するメリットは、中国人顧客との距離を縮めてインターネット上のビジネス展開に役立てることです。
特に、外資系企業や中国政府を中心に中国語ドメインを導入する傾向があります。
これは、中国人が馴染みのある.cnを使うことで、ビジネス相手に安心感を与えることができるからです。
また、企業が.cnを取得すれば、本格的に中国進出をするという証拠にもなります。

政府が使うメリットは、安全性が確保されているからです。
また、電子行政の普及をしたいので中国語ドメインを利用しています。
商標保護のための取得も有効で、業種関係なくさまざまな分野で取ることができ、中国進出をしたい場合には適した中古ドメインなのです。

中国の検索エンジンは何種類かありますが、ピンインという中国語ローマ字入力法もサポートしています。
中国語ドメインを取得するコツは、そのピンインでドメインを取得することです。

このコツを利用することで、中国語SEOの検索エンジン対策をすることができます。
よって、検索の際に上位表示されるので、多くの人から見てもらえる可能性が高くなるのです。

取得するためには、法人では会社法人の番号が記載された登記謄本、個人ではパスポートの提出をして申請します。
しかし、中国で登記登録をしていないといけないので注意が必要です。